2009年11月13日

不登校の悩みが消える魔法のコミュニケーション 評判について

この教材では、主に不登校について解説されていますが、実は、様々な心の病気に対応することが出来ます。


例えば、うつ病・統合失調症・ひきこもりの他に精神科に通われている心の病気などです。


現代社会は常にストレスに押しつぶされそうになりながら生活をしなければいけません。

だれでも心が折れる時はあると思います。


そんなとき、家族からの暖かい理解は何よりも代え難い治療になると私は思います。


苦しんでいる家族にどう接したら良いか、そんなヒントになれる教材です。


⇒詳細はこちらをクリック
【関連する記事】

2009年10月30日

不登校の原因と対応

昔、私も学校に行けませんでした

kodomo.gif

⇒詳しくはこちらから

最近いじめや他の何か原因によって不登校になる子が増えていると言います。

実は昔私もそうでした。小学生の時に両親が離婚し、中学校の時に不登校になっていきました。

皆さんもそうだと思いますが、まずご自分のお子さんが不登校になった場合、最初に相談するのは担任の先生だと思います。
担任の先生も良い先生と、あまり子供に感心がない先生がおられます。

子供に感心のない先生は、「面倒な教え子を抱えてしまったなぁ」と思っているかもしれませんが(^^;)

私の場合は、はじめ親と先生に説得されるように学校に行くようになりましたが、結局学校内では誰も自分の事を守ってくれません。

担任の先生が、「ちゃんと見てるから大丈夫だよ」と言ってくれても、先生がずっとべったり一緒にいてくれるわけでもありません。
一番怖いのは授業中でもない休み時間なのです。親も、ずっと学校で一緒にいてくれますか?違いますよね。

結局、先生や親は言うばかりで辛い場所にいる時は1人なんです。そしてだんだん追いつめられた私は感情と人と接することをなくしていったんです。

⇒詳しくはこちらから


そんな時、市が運営する青少年教育センターで私は初めて心理学カウンセラーと言うのを受けました。心理学カウンセラーは当時の私にはどれだけ救いになったかわかりません。

心理学の権威 吉家重夫氏が書き留めた「不登校の悩みが消える魔法のコミュニケーション」は不登校で悩んでいる親御さんには是非読んでほしいと思います。

カウンセラーは何も専門の先生から受けなくても良いんです。本当は、お子さんと長く過ごしている親御さんから受けるコミュニケーションが一番なんです。

この冊子には、お子さんが自分の力で心を切り開けるようになる心理学の方法が書き留められています。
いくら親御さんや学校の先生から守ってもらえても、結局強くならないといけないのはお子さん自身です。

自分で心を強くもち自分の人生を切り開けるようになる

私は自分の経験も含めて、心理学カウンセラーはおすすめしたい不登校の解決策の一つだと思います。


⇒「不登校の悩みが消える魔法のコミュニケーション」について詳しくはこちらから

反抗期 小学生中学生の思春期対応ガイドブック 内容

荒関式ことば発達法 内容

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。